活動報告

1期生のひとりごと

12月7日(火)、今日は、総括質問のトップバッターで登場しました。
傍聴者も多く、市長の進退に関心が集まりました。

しかし、大蔵市長が来期、3期目に出馬するかどうか、質問しましたが、胸のうちを明かさず、2月中旬には判断するそうです。市民を愛し、平塚が好きな市長なら来期に向けて所信を述べるべきと思うが、いかがでしょうjか。

今回もまた、充分、自分の意見を時間内で言えず、消化不良です。健康に悪いと思いますが、これも、実力。次に期待。しかし、自分の思いは、しっかりと言った感じです。一歩後退、二歩前進。

行政の答弁は、質問者に言質を与えないような感じで、討論があまりかみあいません。

こんなことで、平塚の明日はあるのだろうか、都市間競争に勝てるのだろうか。
辻堂とか、他のまちをよくみろと言いたい。

まちの閉塞感をどう打破していくのだろうか、答えは、見えてきません。

コメントを残す