活動報告

精神障害者の医療費助成 ~ 格差の解消について

今9月議会において、精神障害者福祉政策に関する陳情がだされます。

これは、身体障害者と知的障害者だけが対象となっている重度障害者医療費助成の対象に精神障害者保険福祉手帳1級、2級保持者も含めていただく陳情です。

長い間、医療費の助成がないため医療費の経済的負担の増大に苦しんできた精神障害者の家族会にとって、身体、知的、精神の3障害を共通の制度のもと格差のない医療制度にする事は「悲願」であります。

私も、この問題は大変重要なことだと認識していますので、20日開催される「環境厚生常任委員会」で質問させていただきます。

詳しい内容については、20日以降議会活動の項目をみてください。

コメントを残す