活動報告

競輪事業のイメージ戦略について

総務経済常任委員会が開催され、出席しました。

所管事項のなかで「競輪事業のイメージ戦略」について、質問しました。

北京五輪や北京パラリンピックでの日本選手の活躍はすばらしいものがありました。

競輪も新たな「ケイリン」として、女性や若い人に来ていただけるための広告戦略や、マスメディア対策等考えていられるのか、また、ケイリンをギャンブルではなくスポーツやレジャーとしてどのように訴求していくのか、質問しました。

パラリンピックで3個のメダルを獲得した藤田選手は、地元東海大の大学院生で帰国後は、大々的に歓迎式典を市でおこなう計画をしています。みんなでお祝いしよう。

コメントを残す