活動報告

平塚パトロールに参加して

午後、平塚パトロールに知人に誘われはじめて参加しました。

平塚パトロールは、野宿者支援のグループの活動で、夜回りや定期的な訪問を通じて野宿者と対話をおこない、健康面や法律相談(無料)などの相談に応じています。

今日は、国道134号線の防風林のなかで生活している野宿者のパトロールが目的で、真夏の太陽のもと3時間ほど困りごとの相談に応じてきました。

近いうちに国道134号線のバイパス工事がはじまれば、ホームレスの問題は工事の支障になるので解決しなければいけない課題になると思われます。

2002年8月、ホームレス特別措置法が10年の時限立法で施行され、野宿者支援の実施は国・自治体の法的義務となりました。

先日、横浜で野宿者が「ごみ」扱いされ衣服に火をつけられた事件がありましたが、私たちももっと深い関心と正しい理解をもつ必要があるのではないでしょうか。

コメントを残す