活動報告

学校給食を試食、うまい

平塚市の学校給食を試食してきました。

八幡小学校のそばにある東部学校給食協働調理場にて、清風クラブのメンバー7人で11月の献立予定表に基づき、Aコース、Bコースの両方を試食。

今回の昼食会には、金子教育長や大野教育指導担当部長など教育委員会からも参加。
なごやかな食事会でした。

11月献立の内容
(毎日、メニューが変更、栄養価、エネルギー・タンパク質・脂肪・食塩の量を計算)

Aコース——-ごはん ふりかけ。牛乳。すき焼き。ほうれんそうのごまじょうゆあえ。
Bコースーーー揚げパン。牛乳。とりのレモン焼き。トマトスープ。

率直にいって、こんなに学校給食がおいしいとは、大変びっくり。
当たり前だが、すべて食べた。おいしいからすべて食べれたと言った方が良いのかも。
私にとってこんなことは、恥ずかしいですが、あまりありません。
昔、子どもの頃、ご飯を1粒でも残そうものなら、「おめめがつぶれる」と母からよく言われたのを思い出しました。

つくってくれた人への感謝の気持ちが大切です。

ここは市から委託を受け、バイトを含め約30名で安全安心な学校給食づくりをしています。

コメントを残す