活動報告

国道134号沿いの道の駅

圏央道の開通により、北関東のまちと湘南地域が身近になりました。
しかも、平成26年度末には、国道134号の4車線化が完成しますので、より一層、平塚市の魅力を発信しなければいけないと思います。

そこで、6月議会では、国道134号沿いの道の駅の可能性を質問しました。

しんや

都市公園法の面積の解釈を変えることができれば、龍城ヶ丘プール跡地に道の駅設置が可能ではないかと質問。

都市整備部長

現状の公園面積の解釈、2%では、狭く、道の駅としての便益施設は無理です。そこで、改めて公園法の解釈をかえ、道の駅の設置も視野に、諸施設の設定と配置の検討を総合的に行う。又、湘南海岸公園も一緒に道の駅にできるかも含めて、検討し、今後県道路企画課との協議を行いますとの答え。

7月12日には、海のオープニングセレモニーも開催され、湘南の海の魅力がいっぱいです。
今年度、湘南海岸公園の再整備の基本設計が実施されますが、実施設計の早期の着手が望まれます。

コメントを残す